aya life

30歳からの出会いと時間の使い方

S__18079747

28歳のとき、漠然と妙な不安に襲われた。

自分の人生を生きてないような気がして

「このままでいいの?」頭の中でこの言葉が反芻する日々が続く。

何をしていいのか、どこに答えがあるかなんてわからなかったけれど、とにかく動いてみるってのが自分のスタイル。

その時たまたま杉山文野さんの「ダブルハッピネス」を読んでいて、杉山さんは心と体の性が合致しない、いわゆる性同一性障がいで、自身の体験を通じて生きづらさを感じているセクシャルマイノリティの方々の現状などを精力的に全国で公演を行っている。たまたま、自分と同じ歳ということも発覚して無性に会って話がしてみたくなった。

それから数日、どうにかこうにか連絡が取れて、単身歌舞伎町に乗り込んだ。

飲み会に参加させてもらい、そこには色んな人がいた。

官能小説家の女性、歌舞伎町でホストクラブを経営している男性、ゲイバーのママ、世界中を旅する大学生。

二次会で私も読んだことがある作家さんも登場で、これは嬉しかった。

歌舞伎町で浴びるほどテキーラを飲み、色んな人から色んな話を聞いたあと、ふと気づいた。

ずっと反芻していた言葉はすっかりなくなって、その答えなんかもどうでもよくなっていて、ただただ人との出会いが楽しかった。

この体験が私の積極的に新しい出会いを作っていくという考えの原点になったと思う。

それから6年、ビジネスでもプライベートでもたくさんの出会いがあったなぁ。

縁がまた縁を運んでくれて、その連鎖もとっても面白い。意外な共通の知人がいたり。実は専門学校の後輩だったり。

そして、たくさんの出会いの中で気づいたことがある。

それは、時間の使い方。

誰と一緒に時間を過ごすかということをとても意識するようになった。

これも人生に対する大きな投資だと思う。

残された人生。

今が34歳で女性の平均寿命の86歳まで生きたとして、残り52年、624ヶ月、18980日、455520時間。

数字で出されるとなんだか漠然としていて。

でも、誰だったか、あと何回桜を見れるのかなって考えたらそう長くもないように感じるって話を聞いたか読んだか。

私なら、あと桜を見れるのは52回だね。そう思うとなんだか今も、とても貴重な時間をどう過ごせてるかなって思う。

自分の時間を一緒に過ごすのは、もちろん一緒にいて心地のいい人がいい。

心地のいいというのは、癒してくれる人というだけではなくて、奮起されてくれるひともそうだし、いつも笑わせてくれる人もそうだし、考えるきっかけをくれる人もそう、一緒にいたら色んな発想が湧いてきて話し出したらワクワクして止まらないっていう人もいる。

 

誰とどんな時間を過ごすか。

 

どんなことに自分の時間を使うか。

 

出会いと時間の使い方。

 

 

S__18079748 S__18079749

 

先日過ごした名古屋での時間も最高だったな〜。

ひつまぶしに名古屋コーチンの親子丼、あんかけスパゲッティ。

食べたなぁ、、、名古屋飯。

ひとりの時間もわりとあって、土地勘のない場所で冒険気分味わえたし、でもなんか心細くなって店員さんとか、アンケート集めてるお兄さんとか、HUBに行きたくて道を聞いてきた外国人のグループとか、自分が寂しいからもあって、めっちゃ話した。

どんだけ話しかけてくるんだ、この女って思われてたと思う。笑

でも、それもまたいとたのし。

 

 

今日も素敵な1日を^^

 

aya

 

関連記事

  1. S__16973860 命短し恋せよ乙女
  2. IMG_9667 TOKYO〜遊び〜
  3. 60e9aa9c78ee008475b5aee936cbe0c4_s TOKYO〜仕事〜
  4. IMG_9502 信じるということ
  5. IMG_0378 ゴールデンなウィーク
  6. S__16154628 芸術の春
  7. 260H え?!モテへんの?
  8. S__14311430 オトナの品格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up ! !

  1. S__16973860
  2. S__16465960
  3. IMG_9482
  4. marufashion
  5. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP