BEAUTY&HEALTH

舞妓さんに学ぶ美の秘訣

ff70c6af8cc356496221cf87f2a240c5_s

京都には祇園甲部、祇園東、宮川町、先斗町、上七軒と5つの花街があり、舞妓さんや芸妓さんが約300人ほど在籍しています。その中には、80歳、90歳を超えて、現役でご活躍中の方もいらっしゃいます。年配の芸妓さんは皆様、年齢を感じさせない艶やかさと美しさが輝いて、まさに「アンチエイジングの達人」です。

その秘訣は、若い頃から「美しさを保ち続けよう」とする日々のちょっとした努力にあるそうです。
そんな舞妓さんや芸妓さんのアンチエイジング法についてご紹介!

私たちもそのちょっとした努力で、その漂う美を手に入れましょう♪

不規則な「夜型生活」に注意する
夜型の生活で食事が不規則にならないように「夜食太り」にも注意しています。
舞妓さんはさまざまなお稽古があります。

基本的にお休みは月に1 日程度で、踊りや茶道、華道などを習得するために日々がんばっているのです。

舞妓さんや芸妓さんの1日の基本的な生活パターンをご紹介☆
9時起床
11時~14時 踊りなどの稽古・軽い昼食
14時~17時 自由時間(お座敷の時間によってはもっと短いことも)
17時~18時 化粧・着付け・身じたく・軽い夕食
19時~ お座敷などで仕事・夜食をいただくことも
深夜~ 帰宅・化粧落としなど
午前3時 就寝

なかなかなハードスケジュールですよね。
朝の光で目覚めることで乱れた体内時計も正常になるのですが
就寝が遅いため、気がつくと朝寝坊になってしまうそう。でもそうなるとさすがに肌の調子が悪くなり、気分もスッキリしないそうで、美容と健康のためには、「朝ちょっと無理をしても早めに起きる」ことをとても大切にしているそうです。

私たちの体は、朝の光を眼がキャッチするとセロトニンが分泌され活動的になり、暗い夜になるとメラトニンが分泌されて眠くなるように体内時計がセットされています。メラトニンやセロトニンは美肌を作るホルモンとも言われますから、朝の光で目覚めるように心がけるのが美の秘訣でもあります。

舞妓さんや芸妓さんは、仕事上、なかなか朝陽とともに起きることは難しいのですが、美容と健康、そしてアンチエイジングのために、なるべく朝早めに起きて、夜型の生活にならないように心がけているのです。

 

夜食の誘惑に負けない!

夜のお座敷では、舞を披露したり、座を盛り上げるために、お客様とお話をしたりお酌をしたりと、柔軟な対応が求められる舞妓さん達。

お座敷では、食べ物は口にしませんが、成人を過ぎると、お酒をいただくこともあります。場合によっては、お座敷の後に、お客様と一緒に夜食を食べに出かけたりもします。そうなると、一番気になるのが、食事のカロリーですよね。
お酒や夜遅くの食事は体重オーバーと老化のもとになるので、注意しているそう。
やはりどの舞妓さん、芸妓さんに聞いても、「夜食は太る!」と言います。京都はおいしいごはん屋さんが深夜まで営業している事が多いので、その誘惑に負けないことが大切だとのこと。
でも、お客様の手前、無下に断るわけにもいかないので、メニューを選ぶときは「野菜が多めのもの」や「カロリーが低そうなもの」を選ぶそうです。ちょっとした事ですが、積み重ねると結果が変わってきますよね。

 

d9e1bc2fd4610f59714140fe90389a53_s

着物で体重をコントロール
着物は自分の体重管理にとても役立つそうです。帯がきついと感じたら、すぐにプチダイエット開始!
舞妓さんや芸妓さんは基本的に和服で生活しています。着付けもプロの着付師さんにキレイに着つけてもらいます。帯は息苦しくはありませんが、適度にお腹まわりを締めるので、食べ過ぎが続いたりすると、帯を締めるだけで「ちょっと太ったかなあ?」と感じるそうです。

体重を上手にコントロールするには、着物は最適だそうで、ちょっときつくなったら、早めにダイエットをしてベストな体重に戻すそうです。

年配の芸妓さんに聞くと、「50年間、体重が変わっていない」という方もたくさんいます。さすがプロ! 体重管理はアンチエイジングにとても大切ですね。

私たちも、ウエストを隠した服装ばかりでなく、時には緊張感をもてるボディラインを強調した服装などにも挑戦して、自分のボディラインのエイジングに目を背けないようにしましょう。

自分自身をちゃんと意識してあげる事が大切なのかも^^

 

白塗りで肌チェック
白塗りは肌に負担が大きいため、仕事が終わったら念入りに落とすそうです。
舞妓さんはほぼ毎日、顔、首などを白塗りします。みなさん手早く30分程度でお化粧をするそうですが、白塗りはやはり肌に負担をかけ、最初のうちはかぶれてしまうことも多いようです。

でも毎日、鏡に向かってていねいに白塗りすることで、自分の肌のコンディションをしっかりとチェックすることができ、悪いところがあれば食事や睡眠などで改善するそう。お座敷が終わり、帰宅するとまず最初にするのが着替えとメイク落としです。

皆さんもぜひ、毎日の肌チェックを怠りなく行い、ウィークポイントを見逃さないようにしましょう。
白塗りの化粧は油をたくさん使っているので、きちんと落とさないと、ニキビや肌荒れ、クスミの原因になるので、どの舞妓さん、芸妓さんに聞いても、オリーブオイルや椿油などのオイル系のクレンジングで、ていねいに白塗りを落とすことには、手を抜かないそう。

さらに京都のお水は、肌に優しいので、朝起きたら、冷たい水で肌を潤すことも重要。自分たちの生活をさせてくれる京都の水で、肌を目覚めさせ、感謝の気持ちを込めるのも、素敵な習慣ですね。

白塗りを落としても、白い肌に血色の良い赤い唇が映えるように、毎日、自分の肌をチェックして労ることも彼女たちの大切な身だしなみなのです。

 

会話で脳を刺激!

聞き上手、話し上手で、頭の回転が速い舞妓さん、芸妓さん。脳のアンチエイジングには巧みな会話術が一番効きそう!
舞妓さんや芸妓さんは、どんなお客様が来ても心から楽しんでもらうために、聞き上手・話し上手でないといけないのです。そのため彼女たちは、ニュースをみたり、新聞を読んで、世の中の動きをキャッチし、芸術やエンターテインメントにも知識が豊富。10代の舞妓さんたちも、とても会話が上手です。つまり「頭の回転が速い」のです。

どんな人とも会話が成立するように、知識の幅を広げ、知らないことに耳を背けずに、興味や関心を持って話を聴くことが、彼女たちを内面的に成長させ、女性としても美しさをさらに高めているのでしょう。

芸妓さんたちの話題の豊富さや会話の巧みさは、まさにアンチエイジングです!
年配の芸妓さんと話をしていると、とても謙虚で、話を聞き出すのがお上手で、すごく勉強になります。「人を心地良くさせる会話の方法」をたくさん身につけていらっしゃる芸妓さんたちの脳は、きっとビッシリと詰まって若々しいと思います!

感謝の気持ちを言葉に表す

「おおきに」という感謝の気持ちを忘れずにいるそうです。
舞妓さんや芸妓さんは独特の言葉で私たちを和ませてくれます。「おおきに」という言葉は、彼女たちが頻繁に使う美しい言葉です。感謝の気持ち、相手を思う気持ちを表す「おおきに」という言葉は、舞妓さんや芸妓さんが大切にしている言葉。

自分たちが、京都の花街という伝統ある場所で生活し、伝統を受け継ぐ修行ができることに感謝して、一日を大切に生きることが、時間を無駄にしない、人生を大切に生きようという前向きなエネルギーになっているような気がします。

54bff49f0551c1912f5eb6a186af14fe_s

 

どうでしたか??

いつも女性として奥ゆかしく魅力的な舞妓さん、芸妓さんのちょっとした美への意識。

私たちも学べるところがあるのではないでしょうか^^



 

関連記事

  1. IMG_4903 hair care
  2. S__17834086 夏の人気ヘアスタイル
  3. スクリーンショット 2016-03-17 15.17.27 魅惑のグラデーションリップ
  4. DCIM100GOPROGOPR1326. 正しい「水分補給」
  5. S__14286882 2016春はマル女もボルドーEYE♡
  6. maru美容 maruichi beauty&health

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up ! !

  1. DCIM100GOPROGOPR1326.
  2. S__16973860
  3. S__17948729
  4. IMG_9502
  5. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP